コストコのハバティチーズは大容量でも足りないくらいおいしい!

コストコハバティチーズ 日常を楽に

コストコの魅力の一つに、スーパーではなかなか見かけないくらいのチーズのラインナップがあります。
チーズ好きにはたまりません!

そんな数々のチーズの中でも、我が家で一番好んで食しているのが、アーラのハバティチーズです。
かれこれもう10年ほど食べ続けていますが、飽きるどころか、ますます好きになっていきます。
今では、私の父も、夫の母も、うちの娘もこのチーズ無しでは暮らしていけません(笑)。

ということで、今回はこのハバティチーズをじっくりとご紹介します!

どんなチーズなの?

とっても美味しいスライスチーズです。
クリーミーでミルクっぽい感じですが、しっかりコクがあります。
そのままでも美味しいですし、加熱するととろけるのでこれまた美味しいです。
加熱すると若干油っぽい感じがしますが、加熱する場合は必ず何かと食べるので(パンだったり、料理に入れたり)、そんなに気になりません。
そのままだとカマンベールっぽい酸味というか苦味があり、加熱するとまろやかになる感じがします。
とはいえ、癖が強いわけではなく、万人受けする味ではないかと思います。
うちの娘は1歳からこのチーズが大好物で、そのままムシャムシャと食べます。
そういえば、観音屋のチーズケーキに乗っているチーズに似てますね。

大きさは、食パンにピッタリで、日本のスライスチーズよりも大きいです。
そこが、私の父が気に入っているポイントだそうです。

一袋に1キロ弱、枚数にして30枚程度入っており、2020年5月現在で1,500円程度です。
昔は1,000円くらいだったから、結構値上がりしました。
スライスチーズとしては、若干お高めでしょうか。
でも、1枚が大きく、とにかく美味しいので特に高すぎるとも感じません。
とはいえ、1,500円を超えてくると、庶民の私はなんとなくハラハラしてしまいますが・・・。
先日、一度1,500円を超えていましたが、また少し安くなっていました。


パッケージはジッパーが付いており、開けると2列に分かれてチーズがギッシリ入っています。
雪印や明治のスライスチーズのように1枚ずつフィルムで包まれているわけではなく、チーズがそのままの状態で、1枚ずつ紙で仕切られています。

ハバティチーズ オープン

ちなみに、開け口には切りやすいように切り口とテープが仕込まれていますが、あんまり役に立ちません(笑)
ハサミで開けることをオススメします。

ハバティチーズ開け口

わかりにくいかもしれませんが、今回も見事失敗しています(笑)
外国製品を購入してこういうことが起こるたびに、日本の製品は隅々まで気遣いがなされているなぁと感じます。
あ、ちなみに、この写真にはハングルが記載されていますが、アジア圏に輸出するパッケージなのか、他に日本語、中国語での商品情報が印字されています。

消費期限は結構長めに設定されており、3ヶ月先くらいのものを購入できます。
なので、たくさん入っていても安心、と思えるのですが、このチーズ、保存に関して大問題があります。
それは、とってもカビやすい!!!
フィルムに包まれていないせいか、チーズの特性なのかわかりませんが、とにかくすぐにカビが生える!
青だったり白だったり。気をつけないと気づかずに口にしてしまう危険も!
なので、取り扱い、特に保存をちゃんとしないといけない、という欠点があります。

最後まで美味しくいただくための保存方法は?

前の節で書いたとおり、とてもカビやすいチーズです。
ですので、とにかく、「素手で触らない」「すぐに使わない分は冷凍保存する」という2つを実行する必要があります。

我が家では、購入してきたらまず開封し、小分けにします。
大体4分割して、それぞれラップで包みます。
もちろん、その作業は素手でしてはいけません。触ったところからカビが発生します。
手袋やラップでチーズを触るようにしてください。

そして、すぐに使う分はこのような容器に入れて冷蔵保存します。

チーズ保存容器

口が大きいタッパーはチーズが取り出しやすいので、とても使いやすいですよ。
スライスチーズ保存用容器として、百均で売っているようです。

そして、冷凍保存するものは、チーズが入っていた袋に入れるといいです。
ジッパーが付いているからとっても便利。
ただ、キチキチにチーズが詰まっていたので、ラップの厚みがある分、少し入れにくいかもしれません。

チーズ冷凍保存

冷凍したものは、使う前に冷蔵庫に入れておけば自然解凍でオッケーです。
特に品質が劣化することはないように感じますが、うちでは解凍したものは加熱して食しています。
パッケージに冷凍するなと記載されているので、なんとなくそのようにしています。
そして、冷凍していても消費期限は守っています。なんとなく。

オススメの食べ方はどんなもの?

まずはそのままで…

スライスチーズですが、そのまま食べても結構おいしいです。
先にも書きましたが、うちの幼児でもパクパク食べています。
しょっぱさがワインにも合う感じです。
日本のスライスチーズはねっとりしてますが、このチーズはさっくりした食感なので、食べやすいですよ。
まぁ、スライスチーズなので、食べごたえはありませんけど。

パンに乗せて、挟んで

日本の一般的なスライスチーズと比較して一回り大きいこちらのチーズ、食パンにぴったりのサイズなんです。
なので、トーストにぴったりです!
加熱するとトロッととろけて、これまた美味しい。
ディナーロールに挟むのもいいですよ。
アボカドとこのチーズをサンドするだけで、朝からごちそうです!

トマトと一緒に

しょっぱさがトマトにも合います。

一口大にカットしたトマトを耐熱皿に並べて、その上にチーズを乗せてトースターでチンするだけで、立派な一品になります。

また、カプレーゼ風サラダもおすすめです。
カットしたトマトとチーズ、あれば細かくちぎったバジルの葉っぱを、オリーブオイルと塩で和えます。
我が家では夏場、ミニトマトとバジルを栽培しているため、かなりの頻度で食べてます。
めちゃ美味しいですよ。

カレーと一緒に

カレーのトッピングとしても使えますよ。
辛いカレーではなく、チキンと玉ねぎをじっくり煮込んだ甘み、旨味のあるカレーに特に合います。
ご飯をよそって、その上にチーズを乗せて、上からアツアツのカレーをかけるのが美味しいです。

グラタンやピザにも

当然ですが、とろけるチーズの代わりにも使えます。
グラタン、ピザはもちろん、オムレツに入れてもコクが出て美味しいです。


このように、取り扱いに気をつければ、いろいろな楽しみ方ができるチーズです。
このチーズだけあれば、スライスチーズ、とろけるチーズ、その他もろもろいろんなチーズを買わなくても、一つで何役もまかなえる優れものです。

どうか、これ以上値上がりしませんように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました