話題の台湾パイナップルを食べてみました!

台湾パイナップル 非日常を楽しむ

昨今、巷で話題になっている台湾パイナップル。
中国が輸入制限したためにダブついた商品を日本が輸入することになり、日本でも台湾パイナップルを食べることができるようになると。
台湾パイナップルとは、甘くて、芯まで食べられる、日本で流通しているフィリピン産のものとは全然違うとか。
これは、パイナップル好きの私は食べないではいられない!
ということで、早速購入して食べてみよう!ということになりました。

買いたいけど、どこで買えるのか…

ネットで調べてみると、日本の大手スーパーで取り扱われるとか。
と、言われましても。
個人のブログとかにイトーヨーカドーとか、イオンとか、どこから得たのかわからない情報が載っていますが。
参考になるのかならないのか。
ということで、3月上旬頃から、スーパーに買い物に行ったときに、必ずチェックするようにしました。
私は関西在住なので、関西圏のスーパーになります。
よく行くマンダイ、ダイエー、阪急オアシス、イオンでは見当たりませんでした。
売り切れというか、そもそも売り場がないので、仕入れ予定がないか、あってもまだ店頭に並ぶ段階ではないということですね。

しかし、ついに遭遇しました。
それは、3月下旬のある日。関西のマックスバリューにて。
やったー!!ついに見つけた。
ネットで出ていたイオン系列で取り扱われるという話は本当だったんですかね。
先週、イオンで探しても見当たらなかったのですが、ついに入荷したんですね。

果物売り場で、全然大々的ではなく、とあるかごに、ちょこんと並べられていました。
カットではなくて、丸ごとです。
残り2個だったので、それなりに売れているのかな。わかりません。
でも、とにかくゲットできたことに大満足です!

品種、価格、大きさは?

少し小ぶりです。実の部分の高さが20センチくらいでしょうか。
よくフィリピン産のものでも店頭に並んでいるくらいの大きさです。
大きいパイナップルではなくて、中くらい、という表現が合いますかね。

価格は、598円(税抜)でした。
同じくらいのものでフィリピン産のものであれば、398円くらいで売られているイメージです。
だから、少し高い?
でも、今回購入したものは、芯まで食べられる品種のものでした!
だから、可食部分が違うので、一概に価格の比較ができません。

品種は「台農17号」というものでした。
まぁ、今までパイナップルの品種なんて気にしたことがないので、フィリピン産のものがなんだったのかとか全然わかりません。
だから、これが台農17号だからといって、何がどうということは書けないんですけど…。

パイナップルをカットしてみる

お恥ずかしながら、パイナップルが好きと豪語しておきながら、今まで丸ごとのパイナップルを切り分けた経験がございません。
しかし、今回購入したパイナップルには、カットの仕方が書いてあったので、問題なしでした。
そもそも、パイナップルのカットのネックって、私的には芯を取り除く作業だと思うんですけど、こちらの台農17号は芯まで食べられるので、その心配がナッシング!
ということで、安心して購入できましたよ。

とりあえず、説明書の通りに切っていきます。

台湾パイナップル カット前

まずは、頭とお尻を切り離す、と。

台湾パイナップル カット中

切ってみると、果実の柔らかさがわかります。
スジスジした感じもありません。

その次に、縦に切り分ける、と。
6つに切り分けてみました。

台湾パイナップル カット中

そして、皮と実の間に包丁を入れ、皮を切り落とします。

台湾パイナップルカット中

とにかく、果実が柔らかいので非常にやりやすいです。
半分まで切り離したら、反対方向から包丁を入れるとやりやすかったです。
ほんと、全然筋っぽさがないですね。

あとは、食べやすい大きさに切り分けるだけです。

切り分けた台湾パイナップル

見るからにジューシーです。
無地のお皿にすればよかった。ミスドの景品ですね。これ。

思っていたより簡単な作業でした。
半分にカットされているだけのパイナップルを購入することがあるのですが、いつもスジスジして切りにくかったり、芯をどこまで除いていいのかわからなかったりで往生するんですけど。
こちらの台湾パイン、全く問題なしです!

いざ、実食!!

結論から言うと、とっても美味しい!!です。

まず、味はとても甘いです。
パイナップルの味なんですが、甘いんです。
鼻を抜ける香りが少しココナッツのようで、南国を感じます。
そして、食べたあとのビリビリ感が全くありません。
夫はこの舌がビリビリする感じが苦手らしいのですが、こちらはそれがないからとっても食べやすかったようです。
めちゃおいしいと、遠慮なく食べてました。

それから、食感としては、切っているときに感じていたとおり、全然筋っぽさがない!!
パイナップル特有の繊維っぽい果実なのですが、それがあとに残ったりすることは全然ありません。
とても歯切れがいいです。

まぁ、私は今まで食べていたパイナップルとは全然違う味がするのかなと予想していたので、食べた瞬間は普通に美味しいパイナップルやな、と思っただけだったんですが。
食べ進めると、全然違いました。
ほんと、美味しいです!

また買いますか?

ということで、台湾パイナップル、とっても美味しかったことはおわかりいただけたかなと。
ただ、これからも購入し続けるか、というのが、大事なところですよね。

1つ、だいたい600円。半分を一度に食べました。
だいたい、カットしたパイナップルの大パックくらいなので、これも300円くらいですかね。
そう考えると、味はかなり美味しい…。お買い得…。
あとは、カットする手間を考えると…。
うちは子どもが小さくて、だいたいどんなフルーツを購入しても処理しないといけない。
ということは、はい、また買います!
とっても美味しいです!!

もうちょっと日本でも流通量が増えて、すぐに買えるようになるといいなぁと思います。
そして、欲を言うと、流通量が増えることにより、価格も下がってくるとなお嬉しい。
次はどこで出会えるでしょうか。

2021年4月上旬、関西のダイエーでも発見しました。
もちろん、買いましたよ。
前回より少しだけ大きめ、価格は698円で少し高かった。
味は前回のほうがおいしかったかな。
また出会いたいです。

台湾パイナップルに出会えなかった方々へ

まだまだ台湾パイナップルは、いつでもどこでも入手できる代物ではない状況です。
しかし、台湾パイナップルが話題になった影響か、フィリピン産のパイナップルで特に甘さを売りにした商品もちらほら目にします。
前よりもパイナップルの種類のバリエーションが増えたように思います。
台湾パイナップルが甘い甘いともてはやされていますが、フィリピン産のパイナップルもとっても美味しいですよ。
ぜひ、いろんな種類のパイナップルを食べ比べてみてください。

そして、私、ふぁじ子は、いつでもどこでもおいしいパイナップルを求めています。
コストコでパイナップルを買い漁ったお話は、こちらにまとめていますので、よろしければ参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました